ようこそ、介護老人福祉施設つきかげ苑へ。  つきかげ苑はみなさまの笑顔を大事にします。

文字サイズの変更



事業所概要・沿革

よくある質問Q&A

事業所概要・沿革

事業所概要

名称 介護老人福祉施設 つきかげ苑
住所 〒602-0852 京都市上京区寺町通清和院口上ル二丁目北ノ辺町395番地20
TEL 075-223-1165
FAX 075-223-1166
建築構造及び面積 構造/鉄筋コンクリート造地上4階地下1階建(耐火建築)
敷地面積/1,702.67m²  延床面積/3300.29m²
開設日 平成16年8月1日
利用定員 70名
設備 ユニット型個室70室 食堂・談話室7箇所
浴室8室(特殊浴室1室、個浴室(機械)3室、個浴室4室)
機能訓練室 医務室 多目的ホール(交流スペース)
協力病院 医療法人社団貴順会 吉川病院  京都市左京区聖護院山王町1
社会医療法人西陣健康会 堀川病院  京都市上京区北舟橋町865
運営方針 『自立支援』『自己決定』『生活の継続性』『個別性』を大切にしながら、 「共生(ともいき)」思想に基づく、利用者本位の明るく、楽しく、やすらぎのある 施設づくりに努める。
設置主体 社会福祉法人 浄山会
代表者 理事長 江藤英賢

沿革

平成15年4月11日 社会福祉法人 浄山会 設立認可
平成16年8月1日 特別養護老人ホーム つきかげ苑 開設許可

大本山清浄華院について

 清浄華院は、浄土宗7ヶ本山(知恩院、増上寺、金戒光明寺、知恩院、善導寺、光明寺、善光寺大本山)のうちのの一つ。当院の起源は、平安時代の貞観2年(860)、清和天皇の勅願により、慈覚大使が、御所内に御内仏殿の造営に着手せられ、禁裏内道場として発足したのが、はじまりです。
 当院は創建以来、天台・真言・仏心・戒律の四宗兼学の道場であった。当院が浄土宗の寺となった経緯は、承安5年(1175)、浄土宗の開祖・法然上人の教えに触れようとした後白河・高倉・後鳥羽の三天皇は、法然上人を戒師として御授戒された。こうした因縁により、当院をを法然上人に賜われ、以来浄土宗の寺となった。
当院の皇室との因縁の深さを反映して、大殿右脇霊牌壇には、清和・村上両天皇の尊牌をはじめ、敬法門院、開明門院の他、皇子、皇女の御陵墓、妙香華院、実相心宮等の墓、さらには、政商・立入宗継、国学者・玉松操、茶人、町田秋波、山科言継、尊王家・義姉小路知等の墓がある。

1年の主な行事

浄土宗大本山清浄華院について詳しくはこちら